• 【つったら どうしたらいいの?】

    まず、慌てないことが大事です。

    攣っている状態は、筋肉がギューーーっと収縮しているので、焦って患部をどうこうしてしまうと、肉離れの様な症状になることもありますので注意が必要です。

    【つった時の対処法】

    つっている状態は、筋肉が過度に収縮し続けているということなので、その収縮が治まってくれれば落ち着きます。

    その為には、縮んでいる方と反対に動かします。

    例えば、こむら返りでふくらはぎが攣れている時は、足首がまっすぐになるようにつっている場合が多く、この場合は足首が90度(もっといく人は90度以上)になるようにストレッチします。

    縮んでいる方向と逆方向に動かすことで、収縮を抑えます。くれぐれもこの時に、焦ってはいけません。

    ゆっくり、伸ばし過ぎないように気を付けて対処してください。

    足首のストレッチ

     

     

     

     

     

    攣るのはふくらはぎに限りません。

    太ももや背中、お腹を攣ることだってあります。

    背中の場合は、背中を丸めるように体を動かして、お腹の場合は背中を反るように動かすと良いでしょう。

    縮んでいる方と反対の動作です。

    慌てず、焦らずストレッチをしてください。

    【他のストレッチ方法】

    後ろ重心でアキレス腱、前重心で股関節前側のストレッチ→ストレッチ

    太ももの後ろのストレッチ(このイラストだと左脚のストレッチ)→ハムのストレッチ

  • 『つった』って何?

    「痛っ!!」

    特にたくさん動かしていないのに、急に筋肉が強く収縮してしまい、激しい痛みに襲われる。多くの人が一度や二度は経験があるのではないでしょうか。

    この現象は筋肉が “つった” と言われる状態です。とくに、“ふくらはぎ”に起こる時は“こむら返り”と呼ばれます。

    ※ふくらはぎと呼ばれる以前、平安時代あたりは“こむら”と下腿部の事を呼んでいて、“こむら”がひっくり返ったように痛いことから“こむら返り”と呼ぶのだそうです。

    なぜ攣るの?

    筋肉は収縮と弛緩を繰り返すことで、骨を動かし、関節を動かしています。

    力を入れることを収縮力を抜くことを弛緩といいます。

    筋肉には、センサー(筋紡錘)が内蔵されており、それが筋肉が今どのくらい伸びていて、どれくらい縮んでいるのかなどを常に感知し、脳や脊髄などの中枢神経系へと情報を伝え、筋収縮の力加減をコントロールしているのです。

    筋肉の状態が悪く、このセンサーが誤作動を起こしてしまうと、収縮の力加減が上手くいかず、過度に収縮し、筋肉がつってしまうのです。

    どんな時に攣るの?

    運動中や日常での疲労の蓄積、加齢に伴う筋肉量の減少、妊娠中の体型の変化やミネラル・ビタミン・水分不足などが原因と考えられています。

    血行不良でも攣りやすくなるので、冬場の足元の冷えもですが、夏場の冷房による冷えに気を付けましょう。