2019年10月11日

【つったら どうしたらいいの?】

まず、慌てないことが大事です。

攣っている状態は、筋肉がギューーーっと収縮しているので、焦って患部をどうこうしてしまうと、肉離れの様な症状になることもありますので注意が必要です。

【つった時の対処法】

つっている状態は、筋肉が過度に収縮し続けているということなので、その収縮が治まってくれれば落ち着きます。

その為には、縮んでいる方と反対に動かします。

例えば、こむら返りでふくらはぎが攣れている時は、足首がまっすぐになるようにつっている場合が多く、この場合は足首が90度(もっといく人は90度以上)になるようにストレッチします。

縮んでいる方向と逆方向に動かすことで、収縮を抑えます。くれぐれもこの時に、焦ってはいけません。

ゆっくり、伸ばし過ぎないように気を付けて対処してください。

足首のストレッチ

 

 

 

 

 

攣るのはふくらはぎに限りません。

太ももや背中、お腹を攣ることだってあります。

背中の場合は、背中を丸めるように体を動かして、お腹の場合は背中を反るように動かすと良いでしょう。

縮んでいる方と反対の動作です。

慌てず、焦らずストレッチをしてください。

【他のストレッチ方法】

後ろ重心でアキレス腱、前重心で股関節前側のストレッチ→ストレッチ

太ももの後ろのストレッチ(このイラストだと左脚のストレッチ)→ハムのストレッチ

2019年10月11日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です